Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.

学生ローンの審査を考える

学生ができるキャッシングについて

| | 学生ができるキャッシングについて はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

学生で利用が可能なキャッシングというものは、実はかなり数多くあります。しかし、条件として学生でも20歳以上であるということが基本的な条件です。20歳以上であれば、多くのカードローンなどを利用することができるでしょう。またクレジットカードであれば、18歳以上で作ることができます。

カードローンを利用したいと思った場合には、その他にも条件はあります。それは安定した収入があることです。この安定した収入というのは、アルバイトのお給料程度で大丈夫です。週に3回程度勤務をしていれば、安定した収入とみなされることでしょう。そこまでたくさんの稼ぎがあるという必要はありません。

またもう一つ重要なことに、過去に金融事故などがないということがあげられます。クレジットカードの支払いの延滞ですとか、そういったものがあると審査で不利になってしまうことでしょう。

これらの条件を満たしていれば、申し込みをして審査を受けることができ、そして審査にも通れる確率というのは低くはないのではないでしょうか。ただし、中には審査に落ちてしまうという人もいます。そういった時には、連続して他のカードローンに申し込みをするのはあまりおすすめできません。なぜなら、そういった連続した申し込みは、カードローン会社の間で情報として共有されます。そして、そこまでお金に切羽詰まっていると思われてしまい、そういった返済能力の危うそうな人にはあまり貸したくないと思われてしまい審査に通りにくくなります。

ですので、二社くらいまでで連続申し込みはとどめておくようにしましょう。そうしないと、今後しばらくのカードローン利用にまで悪い影響を及ぼしてしまうのだということを是非とも覚えておくようにしてください。

学生の方でキャッシングをしたいと思っているのであれば、これらの情報は知っていて損のない情報です。是非とも何かのお役にたててみてはいかがでしょうか。参考になってくれれば、非常に嬉しいです。

学生でキャッシングってどうなの?

| | 学生でキャッシングってどうなの? はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

最近、テレビCMでキャッシング会社のCMを見る機会はすっかり少なくなってしまった。

最近の流行はクレジットカードやデビットカード。キャッシングというと敷居が高いようだが、クレジットでの買い物ならお手軽だし、デビットなら所持金以上に使いすぎる心配も無い。更にポイントもつくとあっては、お金を借りてまで買い物するよりクレジットの利用率が高くなるのは当然のことだろう。

しかし、それはある程度収入のある社会人の話だ。どうしても金銭的な余裕のない学生は、クレジットだけでは賄えないこともあるだろう。例えばサークルで旅行に行ったり、家賃を払わなければいけなかったり…。安定的な収入源に欠ける学生は中々クレジットだけで生活することは難しい。やはり持つべきものは現金である。世間からは白い目で見られるかもしれないが、学生にとってキャッシングとは正に救いの手なのだ。

では学生でキャッシングの審査は通るものなのか?結論から言えば、あっさりと通過する。むしろ最近は学生向けの少額キャッシングを勧めている金融機関も多いだろう。

これは私の友人の話になるが、友人にはどうしても入手したい楽器があった。しかし中古で取り扱っている店舗はクレジット不可で、ネットには中々中古が出回らない。やむなく友人はキャッシングの審査に向かうことになる。その当時で友人は月7万程の収入をアルバイトで得ていたが、本人は学生で審査に通るかどうか非常に心配していた。しかし結論から言ってしまうと、審査はあっけなく通過した。当初は30万円の枠が提示されたらしいが、流石に断り10万円を借り入れ。友人は楽器を無事に手に入れ、返済も半年で無事終了させた。

このように、現金収入の乏しい学生にとってキャッシングは生活を彩らせる為の重要な手段になり得る筈だ。勿論、自分の収入(バイト代や仕送り等)と相談してきちんと借り入れ金額を決めなければならないが、逆に言えばしっかりと月々の収入があれば、審査で落ちることは無い筈だ。

旅行や買い物、様々な資格取得の費用など、充実した学生生活を送る為にも、是非キャッシングを有効活用して頂きたいと思う。

学生がキャッシングをする時に気を付ける事

| | 学生がキャッシングをする時に気を付ける事 はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

今の時期の学生は、冬休みや春休みなどの長期の休みがあるという方も多いです。

長期の休みになれば、自分自身が普段やれない事を行ったりするのにはいい機会です。

しかし、何をするにしてもお金がかかってしまいがちです。

普段から貯蓄が出来ていればいいのですが学業に専念していたり、貯蓄が出来ない事もあります。

両親などに借りる事が出来ない場合は、自力で工面する必要があります。

自力で工面するときに役立つのがキャッシングです。

しかし、学生の方であればキャッシングの審査が通らなかったり、借り入れできる限度額が少なかったりという事もあります。

そのような時に、陥りがちなのが複数の業者から借り入れをしようと考える事です。

1ヵ所で、希望の金額に達しない場合はよく考えがちなのですが、複数で借り入れをするという事はそれだけ返済も大変になります。

また、キャッシング業者によっては返済プランや期間なども異なりますのでそれを把握したうえで返済していく事は大変です。

そのような事にならない為には、1ヵ所のみで借り入れをする必要があります。

その為には、返済シュミレーションをしっかりしておく事と、現状の借入したい金額をもう一度考え直す事も大切です。

最初の希望借入金額を出した時から、少し時間が経過して冷静にもう一度考えてみれば借入金額を少なくしてもいいという事もあります。

学生の場合は、限られた収入が少ない場合もありますので、キャッシングをする時には最低限の金額だけの借り入れをする事が大切です。