キャッシングで一番気を付けないといけないことといっても過言ではないのが利子です。利子とは借りた金額にかかるお金のことで、キャッシングを契約すると大抵の場合10%以上の利子がかかってきます。例えば、10万円借りて利率が10%だとすると、11万円返済しないといけないことになります。10万円かりないといけないぐらいですから、1万円を追加してかえすのがどれだけ大変なことかはわかりますよね。

キャッシングをして意識をしないといけないことが、借りたものは確実に利子がかかって来るということです。しかし、それは法外な利息ではありません。日本には貸金業法というものがあり、キャッシングを利用する消費者はきちんと法律で守られています。とはいえ、利子とは決して安いものではありませんので、友達に借りる感覚でお金を借りてはいけません。

さて利子の金額は実はキャッシング業者によって違いがあるのはご存知でしたか?例えばそれは10万円や100万円などの単位で、この金額だったらAが低い、この金額だったらBが低い、と異なっているのです。そのためキャッシングをする前には、自分が借入れしたい金額と、それにかかる利子がいくらなのか、各業者を見比べて、申込先を決めるのがよいです。