銀行や消費者金融のキャシング契約は、一度審査に落ちてしまった場合、個人信用情報の登録期間が過ぎても審査落ちするといったことが言われています。所謂、自社システムによるブラック情報の管理となり、独自データ上で顧客情報は永遠に近い期間、管理されてしまいます。しかし、これはデータベースというシステムの特性上、特定の顧客情報だけを削除することの難しさも影響しています。

では、過去に審査落ちした銀行や消費者金融であってもキャシング契約出来る可能性があるのかと言うと、可能性はあると言えます。ただし、過去に審査落ちした際に金融事故情報が確認されていないことがポイントです。すなわち、金融取引の履歴が無かった場合や収入が少なく、契約出来なかったというケースです。この場合、信用度の向上と収入の増加により、契約条件を満足することになります。また、キャッシングという市場を考えると顧客数は人口に影響され、上限が決まっています。結果、過去に審査落ちした人を全て再審査不能とした場合、契約数を確保出来なくなるという問題があります、現状でも、一部銀行ローンにおいては、過去に審査落ちした方でも再度申し込むことが可能となっているものがあります。一例としては、楽天銀行のスーパーカードローンであり、審査落ちしたからといって諦める必要はなくなっています。