カードローンに申し込んだ時、たいてい2度カードローン会社から電話連絡があります。1度目はネット申込後30分ほどで本人の携帯電話にかかっています。営業時間外にネットで申し込んだ場合、朝一に電話があります。これは申込の確認電話で、本人の確認と今後の手続きの流れを説明されます。この電話後審査に入ります。これが言わば仮審査にあたり、この仮審査に落ちてしまったら、メールでその旨を伝えられるケースが多いです。

本審査に通過すれば、職場へ本当に勤務しているか確認する電話があります。これが2回目の電話連絡で、この在籍確認が取れない限り最終契約できません。なお電話は、本人が出ても出なくてもOKです。例えば自動契約コーナーで申し込んだ場合、職場への電話を取ることは不可能です。その場合、「○○は席を外しております。」や「本日は出勤しておりません。」などと、電話を受けた社員の誰かが答えたら大丈夫なのです。

職場の人に借金がばれるかも?と心配されるかもしれませんが、ほぼ大丈夫でしょう。「アコムですがカードローンのことで相談があります。」などと無神経なことは絶対に言いません。お堅い銀行は銀行名を名乗ることが多いのですが、内容まで伝えることはないので大丈夫です。もし心配なら、あらかじめ「クレジットカードに申し込んだから電話があるかも。」と、同僚にさりげなく伝えておけば大丈夫です。それでも心配なら、在籍確認のないカードローンも少数ですが存在します。借入条件よりも優先して、それらのカードローンを選択しましょう。