専業主婦で全く収入が無くてもキャッシングは出来ます。

総量規制という言葉をご存知でしょうか?

総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れが出来ないというものです。

年収の~とあるように、まずもって収入が無ければ借り入れそのものが出来ないのですが、これは貸金業法によって融資を行っている貸金業者の場合です。

銀行は総量規制の対象外となっていますので、収入があるか無いかは関係無いのです。

つまり専業主婦で全く収入が無い方は、銀行系のキャッシングを選択するのが良いでしょう。

ただし配偶者の収入が安定している、配偶者の同意を得ている、などの条件を課している銀行もありますので注意が必要です。

また、全く収入の無い専業主婦の場合どの銀行にも共通して言えるのが、借り入れ出来る金額の限度額が低額になっていることです。

収入が無いということは、配偶者の収入から返済することが前提になってきますので、そこは仕方が無いでしょう。

配偶者の同意を得ていない場合は、同意以前に借り入れをすることも知られたくない場合があると思いますので、融資の後の郵便物などにも注意が必要です。

キャッシングに伴ってカードなどの発行がある場合は、郵送で届くことが多いです。

事前に事情を伝えれば、送付元がわからないように配慮してくれることもありますので、相談してみた方が良いでしょう。