連続する出費が1回限りのキャッシングで賄える額では無いと知った時、当然次に考えるべきなのはキャッシング限度額の増額、という手段でしょう。

初回の審査で思ったよりもキャッシング限度額が少なく、不満を感じた時は、増額の審査を受ける事が出来ます。

基本的には初回申し込み時の審査と内容は変わりませんが、その間の返済状況や収入の変化によって大幅にハードルが低くなるケースもありますから、その点を努力しチャンスを高める事も必要でしょう。

ただ問題なのは、それでも期間的に出費が間に合わなくなってしまうケース。現状可能な額を上回る借入金が喫緊で必要となるケースなら、後のおまとめローン化も視野に入れつつ複数の業者からキャッシングを行う、という方法がベストとなる場合もあります。