キャッシングが必要になる時は、ある日突然やってきます。今日申込みして即日借入が出来るキャッシングとして、従来は消費者金融と銀行カードローンの両方が存在していました。しかし、2018年1月から銀行カードローンでは即日借入が原則として出来ない状況に変更されています。なぜなら、反社会的勢力に関わっていないか警察庁のデータベースと照合する義務が発生したからです。データベースへのアクセス時間が限定されているために、一律で翌日以降に審査結果を出す方法へと方針変更されました。

消費者金融ならば、貸金業法に基づく総量規制に抵触しない年収の1/3以内ならば即日審査結果を出せるので、午前中に申込みをして午後に審査通過となれば、即日融資を受けられます。柔軟な審査に定評がある消費者金融ならば、審査に通過するかどうかという不安も最小限に済みます。他社へ提出している収入証明書よりも現在の収入が増えていれば、消費者金融から本人確認電話が入った時点で新しい収入証明書を提出したい旨伝えることが可能です。消費者金融の審査では、最新の勤務先や収入を証明できる書類さえあれば、新しい情報での審査が行えます。他社へ登録している内容が判明していれば、過去の情報も合わせて伝えることにより真実味が増えます。