大手消費者金融のカードローンなら最大30日間もしくは利用開始日から30日間の無利息サービスがあり、一部銀行や中小消費者金融でも集客のためサービスとして提供されています。一見する無利息だからオトク、この際に高額な借り入れもといったことを考えてしまいます。確かに一定期間の利息がゼロというメリットはあるものの、それは短期間で完済出来るといった場合に限定されます。長期返済となった場合、借入残高が多い状態で1ヶ月や2ヶ月ほど返済期間が延びることで無利息のメリットは無くなります。

無利息が有効そしてお得なのは、返済して利息ゼロで済むという短期返済だけです。無利息サービスについて紹介するサイトでは、1ヶ月分がお得といった説明をするものの、短期的な効果であり、トータル的に返済する金額を考慮していないのが実態です。今後、無利息サービスを活用する際は、必要以上に借り過ぎないといったことが重要です。借り入れした月内に返済できなければ、結果として翌月から利息が発生するだけであり、無利息サービスのメリットは1回そして最大1ヶ月以内の完済が一番大きいと理解しておくことをおすすめします。また、無利息サービスも重要ですが、返済方法において手数料が抑えられるカードローンを選択する方が、無利息サービスよりも効果的です。