キャッシングの利息は日数ごとにかかるから、返せるなら早いうちに返したほうが総返済額が抑えられて良い、と言うのはキャッシングの基本。

ですが、たとえボーナスなどがあって短期間で返しきれる状況でも、あえて半年や1年以上の期間をかけて完済するメリットもあります。

それは、キャッシング会社からの信用です。

短期間で完済する顧客は、キャッシングの額が増えて返済が長期化した時に延滞せず返済してくれるか判断がつきにくいですが、長い間毎月欠かさず返済する顧客は、限度額が増えても延滞せず返済してくれるだろうとみなされ、限度額の増額申請が通りやすくなります。

もしもの時のために限度額を上げておきたいなら、あえて完済に長期間かける事も有用です。