利用用途が自由である個人向けの融資サービスのキャッシングは、総量規制によって、総限度額を超えている場合、新規に消費者金融会社と契約する事が出来ない事が多々あります。

その場合において、総量規制が行われていない融資サービスを活用すれば、キャッシングに適用される総量規制を気にせずに使える環境を整えられます。

カードローンは、銀行や信用金庫が提供する個人向けの融資であり、総量規制の対象外となっていますので、キャッシングと併用すれば、より多くの融資を受けられる可能性があります。

カードローンの種類はキャッシングと同様に、銀行の数だけ存在しますので、組み合わせ方によっては返済時の利息を最小限にする事も出来るでしょう。