消費者金融会社では、様々なローンを用意しており、多くのユーザーが活用しています。この中でも、利用する用途の制限が少ないのがキャッシングというサービスです。

キャッシングは、審査を行って、消費者金融会社側が限度額を設定します。ユーザーがキャッシングの限度額内まで融資を利用する事が出来ますが、消費者金融会社は貸金業法という法律の下で営業する事が認められており、その法律の中で総量規制という仕組みが義務づけられています。

その為、キャッシングの利用者は、年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ません。これは、複数のキャッシングやカードローンを使っている場合にも適用され、その合算された金額が年収の3分の1を超えた時には、新規に借りる事が出来ないので注意しなければいけません。