自身に収入の無い専業主婦が貸金業者からキャッシングをする場合、配偶者貸付を利用する方があります。配偶者の同意を受け、配偶者の収入を自身の収入と見做せる制度です。しかし、同意という点では保証人や連帯保証人になるのではないかと心配があります。ですが、同意書には配偶者自身が連帯保証人にならないということが記載されており、返済が遅れたり、返済が出来なくなった場合には返済請求がされるということではありません。連帯保証人にならず、返済義務を負わないという点で安心は出来るものの、返済義務自体は100%回避出来るものでもありません。

連帯保証人のように直ぐに即返済請求ではないものの、利用目的が配偶者も共有するものにキャッシングが充てられた場合、配偶者への返済義務も発生し得ます。特に生計費などは注意が必要であり、配偶者は何に利用しているのかを確実に把握することが重要です。配偶者貸付については、大手貸金業者はあまり取り扱っていないものの、中小消費者金融では取り扱っています。特に配偶者が気になるのは、自身の勤務先に取立の電話が来ないかどうかですが、連帯保証人では無いということを理解し、電話が来た際は先ず、連帯保証人と違うことを伝えて抗議することも重要です。

場合に因っては、不当な取立や正当な理由なく契約者以外に連絡したということになり、貸金業法違反になります。先ずは、配偶者貸付の仕組み、メリットやデメリットを事前に確認した上、同意することをおすすめします。