銀行や消費者金融でキャッシング契約をする場合、スコアリング審査は避けて通ることが出来ません。

結果として、スコアリング審査で審査落ちする事もあります。

インターネット上でスコアリング審査に関する情報が多々あるものの、あくまで一例となります。

つまり、全ての銀行や消費者金融で共通するものではありません。

スコアリング審査は各金融機関が保有する顧客情報を統計データとして利用しています。

そのため、データにより違いが生じます。銀行や消費者金融、クレジット会社はそれぞれ得意とする分野の情報を利用しているため、申し込みをする際は結果に違いがあると考える必要があります。

特に銀行カードローンの場合は、保証委託先の会社の特徴を抑えるのが重要と言えます。