Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.

学生ローンの審査を考える

モビットのWEB完結申込なら職場への在籍確認無しでOKです

| | モビットのWEB完結申込なら職場への在籍確認無しでOKです はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

カードローンを申し込む時、一番嫌なことは借金がばれることです。家族だけでなく会社の同僚などにも知られたくありません。お堅い会社なら借金がばれて心証が悪くなり、出世に影響が出ないとも限らないためです。そのような方には、モビットにWEB完結申込で申し込めば大丈夫です。ただし条件や必要書類がやや多く、多少の手間はかかります。

まず申し込める方は、会社勤め(公務員含む)の方に限られます。なぜなら国民健康保険証では認められず、健康保険証か組合保険証が必要だからです。さらに三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。

さらに通常の本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)や、50万円までの借り入れでも収入証明書類(源泉徴収票や給与明細など)の提出が必要です。

このように条件と多少の手間が必要ですが、本人確認の電話さえなく完全にWEB完結で契約が完了するので気は楽です。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴

| | 大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴 はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

銀行カードローンは大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがありますが、申し込みをする時に方法が異なるので注意する必要があります。そこでそれぞれの申込方法の特徴を見ていく事にしましょう。

・大手銀行と地方銀行が来店が必要

大手銀行と地方銀行のカードローンの申し込みをする時はネットでも可能ですが、契約手続きをするまでに来店をする必要があります。大手銀行は全国各地に店舗を構えているので探しやすいですが、地方銀行は店舗数が限られているのでカードローンの申し込みをする時に不便に感じてしまう事もあります。特に地方銀行のカードローンを利用する時は申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

・ネット銀行がネットで申し込みが完結

ネット銀行は店舗や契約機などが設置されていないのでカードローンの申し込みはネットのみとなっています。それでネット環境を整えておく必要がありますが、大手銀行や地方銀行のように来店しなくていい点がメリットになります。利便性の高さを重視する時はネット銀行のカードローンを利用した方がいいです。

大手銀行、地方銀行、ネット銀行のカードローンの申込方法の特徴はこのようにあるので自分の適しているカードローンを利用してみるといいでしょう。

限度額内まで使えるキャッシング

| | 限度額内まで使えるキャッシング はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

消費者金融会社では、様々なローンを用意しており、多くのユーザーが活用しています。この中でも、利用する用途の制限が少ないのがキャッシングというサービスです。

キャッシングは、審査を行って、消費者金融会社側が限度額を設定します。ユーザーがキャッシングの限度額内まで融資を利用する事が出来ますが、消費者金融会社は貸金業法という法律の下で営業する事が認められており、その法律の中で総量規制という仕組みが義務づけられています。

その為、キャッシングの利用者は、年収の3分の1までしかお金を借りる事が出来ません。これは、複数のキャッシングやカードローンを使っている場合にも適用され、その合算された金額が年収の3分の1を超えた時には、新規に借りる事が出来ないので注意しなければいけません。

配偶者貸付を利用すると配偶者にも返済の義務があるの?

| | 配偶者貸付を利用すると配偶者にも返済の義務があるの? はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

自身に収入の無い専業主婦が貸金業者からキャッシングをする場合、配偶者貸付を利用する方があります。配偶者の同意を受け、配偶者の収入を自身の収入と見做せる制度です。しかし、同意という点では保証人や連帯保証人になるのではないかと心配があります。ですが、同意書には配偶者自身が連帯保証人にならないということが記載されており、返済が遅れたり、返済が出来なくなった場合には返済請求がされるということではありません。連帯保証人にならず、返済義務を負わないという点で安心は出来るものの、返済義務自体は100%回避出来るものでもありません。

連帯保証人のように直ぐに即返済請求ではないものの、利用目的が配偶者も共有するものにキャッシングが充てられた場合、配偶者への返済義務も発生し得ます。特に生計費などは注意が必要であり、配偶者は何に利用しているのかを確実に把握することが重要です。配偶者貸付については、大手貸金業者はあまり取り扱っていないものの、中小消費者金融では取り扱っています。特に配偶者が気になるのは、自身の勤務先に取立の電話が来ないかどうかですが、連帯保証人では無いということを理解し、電話が来た際は先ず、連帯保証人と違うことを伝えて抗議することも重要です。

場合に因っては、不当な取立や正当な理由なく契約者以外に連絡したということになり、貸金業法違反になります。先ずは、配偶者貸付の仕組み、メリットやデメリットを事前に確認した上、同意することをおすすめします。

キャッシングの増額申込みに関する事

| | キャッシングの増額申込みに関する事 はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

例えば何らかの理由で身内が突然亡くなったとします。その際は葬儀にかかる費用として、数十万円ほど用意しなくてはいけないです。
ただ、金融機関にキャッシングの増額申込みをしてある時は、必要な分をすぐに借りられるので難を逃れることができます。
増額申込みは前もって申請しておくと、いざという時に役立つので、火急な用事でお金が必要となりそうなら増やしておいたほうが得策です。
金融機関にできるか聞く程度なら問題ないので、相談してみると良いでしょう。

金融機関から信頼されているタイプなら増額申込みをしないかと、電話で連絡が入ることがあります。増える限度額は高くて30万、低くても10万くらいは伸びます。
審査は特に必要としないので、連絡が来た場合は承諾した方がお得です。
年に2回ほど、機械による自動審査で増減できるかを判断します。その時に大丈夫と診断された時に連絡が入ります。
連絡方法については、会社や家に直接かかるのではなく所持している携帯電話に届くので安心して良いです。

高額な増額申込みをする際は、額に見合った担保を用意できる話を伝えれば審査が通る確率が上昇します。
土地か自動車、または価値の高い有価証券などがあれば適切です。

キャッシングの審査に関して

| | キャッシングの審査に関して はコメントを受け付けていません。 | Tags:

お金がどうしても必要になった場合にはキャッシングを利用する方が良く、積極的に頼ると適切です。

そうは言ってもキャッシングをする前には審査を受けなければいけないので、そこだけは気を付けるべきです。

その理由としてはお金を借りた後にしっかりと返す事が出来るかの部分で、非常に審査は厳しいとされているためです。

よってキャッシングをする事は決して悪くは無いが、充分にお金を返せるかを前もって把握しておく方が適切です。

そうすればどれだけキャッシングをしたとしても全く心配はいらなく、後々に困る事もほとんど無いです。

したがってキャッシングには審査が付き物である事を頭の中に入れておき、どうすれば良いかを考えておくと適当です。

大手消費者金融4社はそれぞれどのような会社?

| | 大手消費者金融4社はそれぞれどのような会社? はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

現在大手と呼ばれる消費者金融には、プロミス、アコム、アイフル、そしてモビットの4社があります。
消費者金融という業種自体は実に全国に約2000社も存在しますが、テレビでCMを流せるほどの体力のある大手はほんの数社しかないのです。

消費者金融のそのほとんどは小規模の業者で、主にその地域だけで営業を行っていますが、大手の営業エリアはもちろん日本全国で、どこからでもネットや電話から来店不要で利用できるところが人気の理由です。

プロミスは三井住友銀行グループに属する企業で、同様にアコムは三菱東京UFJ銀行のグループ企業です。
この2社には同グループの大手都市銀行がバックに付いており、大手の中でも銀行系と呼ばれる消費者金融で、安定した経営基盤があるのが特徴です。

対するアイフルはどこの銀行のグループにも属しておらず、大手では唯一の独立系の消費者金融です。
しかし、だからと言って決して安定していない訳ではなく、逆に考えると、銀行に頼らずとも自社だけで立派に営業を続けている企業だと考えることができます。

最後のモビットはプロミスの連結子会社です。つまり、プロミスと同様に三井住友銀行のグループ企業ということになります。
ただ、プロミスより三井住友銀行と連携したサービスが少ないので、そのようなサービスを期待する場合にはプロミスの方がおすすめかも知れません。

この4社にはそれそれこのような特徴があります。
銀行系の消費者金融ならプロミスやアコム、またはモビットから自分に合ったサービスのある会社を、独立系という響きに魅力を感じる場合にはアイフルの利用がいいでしょう。

モビットは一切店舗やATMを持たない多少特殊な消費者金融ですが、その他の3社はどこを利用してもそれほどサービス面などが変わる訳でもありません。
よって、それぞれのイメージなどから決めてもいいと思います。

パートやアルバイトの所得証明書類はどれが有利?

| | パートやアルバイトの所得証明書類はどれが有利? はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

銀行や消費者金融でキャシング契約をする場合、融資額によって安定した収入があることを証明するため、所得証明書類の提出が必要になります。
大手消費者金融の場合、50万円以上や他社借り入れを含め100万円以上においては、必ず必要になります。
最近では、銀行カードローンでも過剰融資問題や審査不足の問題から提出する基準が引き下げられています。中小消費者金融の中には、収入額を問わず必要というところもあります。

会社員の場合、源泉徴収票が所得証明書類となるため、その他の書類を提出するのは手間が掛かるため、あまり利用することがありません。
ですが、パートやアルバイトの場合、源泉徴収票が発行されないケースがあるため、その他の書類を提出することになります。しかしながら、提出する書類次第では審査上、不利になってしまう可能性があります。
先ず、所得証明書類として重要なのは公的に認められた書類であるかであり、納税証明書もしくは課税証明書を提出するのがおすすめです。
この場合、納税しているため所得情報が第三者により証明されるだけでなく、それなりの所得があるということになります。パートやアルバイトの場合は給与明細を提出するよりも有利になると言えます。

一方、給与明細の場合、所得税や社会保険料の納付額などが記載されていないケースもあるため、納税証明書や課税証明書に比べ、信頼性は低くなってしまいます。
特に個人経営の店舗に勤務し、給与を貰っている場合は公的な証明があるかが重要となります。
また、給与所得が少ない場合、市町村によっては課税証明書ではなく、非課税証明書となるケースもあり、大手消費者金融はあくまで課税証明書が提出書類となっているため、注意が必要です。
この場合は、非課税証明書ではなく、給与明細を提出する必要があります。

スコアリング審査は各社の統計データが利用される!金融機関で結果に違いが出る?

| | スコアリング審査は各社の統計データが利用される!金融機関で結果に違いが出る? はコメントを受け付けていません。 | Tags: ,

銀行や消費者金融でキャッシング契約をする場合、スコアリング審査は避けて通ることが出来ません。

結果として、スコアリング審査で審査落ちする事もあります。

インターネット上でスコアリング審査に関する情報が多々あるものの、あくまで一例となります。

つまり、全ての銀行や消費者金融で共通するものではありません。

スコアリング審査は各金融機関が保有する顧客情報を統計データとして利用しています。

そのため、データにより違いが生じます。銀行や消費者金融、クレジット会社はそれぞれ得意とする分野の情報を利用しているため、申し込みをする際は結果に違いがあると考える必要があります。

特に銀行カードローンの場合は、保証委託先の会社の特徴を抑えるのが重要と言えます。

消費者金融の審査は通過しやすい

| | 消費者金融の審査は通過しやすい はコメントを受け付けていません。 | Tags: , ,

キャッシングを今すぐに借りたい、審査に落ちるのは避けたいという方には消費者金融がおすすめです。最も審査に通過しやすい金融機関で、融資までがスピーディーです。最近は申し込みから1時間未満で借入ができる消費者金融もあります。
審査に通過しやすい理由は、金利を少し高めに設定していることです。金融機関側のリスク管理として金利を高く設定し、融資対象者を広げているのです。銀行は低金利で融資する代わりに、融資対象者に対するハードルを高くします。現在でも消費者金融で借入する方が多い理由は、審査の難易度、融資までの早さなどにこだわるからです。

消費者金融の中でも特に審査に通過しやすい会社の特徴は、アルバイト・パートに対応している、無利息サービスがある、WEB完結を用意している、などです。金融機関としてはしっかり返済してくれる人には積極的に貸し出ししたいと考えています。過去に他社キャッシングで延滞がなければ、かなりの確率で審査に通過するでしょう。もし落ちてしまった場合は、返済能力以上の希望額を設定したのかもしれません。申込者の返済能力は金融機関が判断することですが、少ないほど審査に通過しやすいのは間違いありません。1社目が落ちたのなら、2社目は希望額を少なくしてみましょう。

Rss Feed